子どもの学力低下も招いた、プリントによる算数授業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの学力低下も招いた、プリントによる算数授業

では、これまでの算数の授業とは、どういうものだったのでしょうか。

これまでの算数の授業の方法というのは、多くは理論から生まれました。

一つは、教科書批判から生まれた方法で、計算の構造を水道に見立てたことから「水道方式」といいます。もう一つは、外国の数学者ポリアが大学生用に示した「課題解決」のステップです。

「水道方式」をおこなう教師の多くは、教科書を使わず、プリントを持ち込みました。この「水道方式」では進度が遅れ、落ちこぼれが続出しました。新聞記事になったことも一度や一度ではありません。

理論が悪いのではなく、それを「なま」で教室に持ち込み、授業の工夫をないがしろにした教師の責任なのです。

もう一つの「課題解決」型も授業にプリントを持ち込みますが、そのひどさは目にあまります。

たった一つの問題を、なんと一時限かけてやる――つまり、四十五分かけてやるのです。

一題の問題を、です。

たとえば、「38+24」です。これを、十五分間、いろいろ考えさせます。

できる子は一分でわかり、できない子は授業が終わってもできません。

十五分たつと、話し合いをさせます。気のきいた子だけがしゃべるという、つまらない話し合いが、ただ延々と続くのです。

その結果、どういうことが起こるのか。

①練習問題をする時間がなくなる
②授業時間が足りなくなる

そこで、授業時間が延びたり、山のような宿題が出されたりします。

それでも、「できない子は、できない子」のままです。五点、一○点しかとれない子は、相も変わらずそのままの状態です。

この「課題解決」型授業が、「算数嫌い」をつくっていると言っても過言ではありません。

しかも、小学校の低学年から、こうした授業がおこなわれているのです。

あきれて、ものが言えません。

 

子どもの学力低下も招いた、プリントによる算数授業

「算数の研究をしている学校」の多くは、このやり方です。教科書を使いません。ノートもほとんど書きません。

「課題解決」は、基本を学んでからやるべきです。

小学校は、紛れもなく基本を学ぶ時期です。

そして小学校の基本は、教科書の内容なのです。

まず、教科書に示された問題ができるようになることです。

それをやらないから、教室はグチャグチャになるのです。

近年、問題にされている大学生の数学能力の低下の原因の一つは、課題解決学習にあると私は思っています。

算数の教科書を使わずにプリントでやる授業は、最低・最悪の授業がほとんどです。

 

子どもの学力低下も招いた、プリントによる算数授業

「同山型数授業はわかる授業を目指す中から生まれた

「向山型算数」は、「できない子」をできるようにさせるだけでなく、「できる子も同じ時間に熱中して取り組める授業をする」努力を続けてきた結果、生まれたものです。

つまり、塾の講師の算数授業の実践から生まれた授業方法です。

具体的にいえば、

①できない子をどのように指導するのか
②早く計算ができてしまった子をどうするのか違う
③練習間題をどのようにするのか
④授業の始めをどうするのか
⑤ノートチェックをどうするのか

こうしたテーマに一つ一つ向き合い、すべてを満たす授業を模索し、工夫する中で、できあがったものです。吹田の塾で効果があった結果です。

評価の基準は、クラスの子どもたちであり、子どもの事実のみを基準にすることで構築されています。

つまり、もっとも近道で、確実な授業法なのです。

この方法ならば、授業時間を延長させることもなく、居残り勉強をさせる必要もありません。学校で決められただけの授業時間で、一○点、二○点しかとれなかった子が、七○点、八○点をとるようになるのです。

しかも、クラス全体の算数の力が急上昇し、クラスのほとんどの子が算数を好きになるのです。

前回の記事はコチラ→【多くの算数が苦手な子どもには原因がある!

吹田・豊中で人気の学習塾小学生・中学生におすすめ