算数が苦手な子どもが多いのには、原因があった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

算数が苦手な子どもが多いのには、原因があった

算数が苦手な子どもが多いのには、原因があった

算数ほど、「できる」「できない」がはっきりする教科はありません。

塾生の中には、算数が得意でいつも満点をとる子が五、六人いて、逆にいつも一○点、二○点あたりをうろついている子が二、三人いるというのが、ふつうの状態でしょう。

しかし、「算数が嫌い」「算数が苦手だ」という子は大勢います。吹田の塾にもほぼいると言っていいでしょう。

算数の時間になると元気がなくなったり、憂鬱そうになったり、中には「この世から算数がなくなってしまえばいい」とさえ思う子がいます。

なぜ、子どもたちは算数がそれほど嫌いなのか。あるいは、嫌いになってしまったのか―。

実に不思議なことです。

どんなに塾の講師が熱心に授業をしていても、子どもたちは「算数は嫌い」と言います。

子どもが勉強しないからではありません。

子どもが悪いわけではないのです。

「算数ができる子」について述べる前に、ここではまず、「算数嫌い」を生んだ原因について触れたいと思います。

 

算数が苦手な子どもが多いのには、原因があった

教科書どおりに学習すれば、算数が大好きになる

子どもは、ほんとうは算数が大好きです。

にもかかわらず、「算数が嫌いだ」という子が増えてきたのは、教師の責任です。

教師の教え方に問題があります。

私は、十年前に「向山型算数」という授業方法を発表しました。この授業方法に変えた塾のクラスでは、事実、塾の子ども達が目に見えて変化します。

「算数が大好き」になるのです。算数ができなかった、勉強ができなかった子どもたちまでが「算数が面白い」と言うようになります。

それだけではありません。

塾のテストの点数も急上昇します。

クラスの三分の二が一○○点、平均点が九○点以上というのも珍しくありません。教員室でテストの採点をしていると、隣のクラスの塾講師がそっと覗いて目を丸くします。

何も特別な方法を取っているわけではありません。

いままでの教え方をやめ、素直にていねいに教えただけです。授業のときに、教科書をそのまま教える方法です。

教科書どおりに教えるこの方法を「向山型算数」と吹田の塾でも呼んでいるのです。

「教科書どおりに教えれば、子どもは算数を好きになり、できない子もできるようになり、クラスの平均点も急上昇する」というのが、「向山型算数」の主張です。

前回の記事はコチラ→【勉強できる子になれる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吹田・豊中で人気の学習塾小学生・中学生におすすめ